たんや善治郎

オンラインショップ

会社概要

ご挨拶 greeting

「牛たん塩焼き」は、戦後の昭和20年代にここ仙台で生まれました。
今でこそ、みそ味やしょうゆ味がありますが、塩焼きこそが絶対にうまい。
その味を継承し、お客様に食べてもらいたいという想いで店を出しました。

100軒以上の牛たん屋がひしめく仙台。
まさしく文字通り犇(ひしめ)いております。
また昨今は、東京を始め全国各地に仙台の牛たんの専門店が出店しております。
当店では「仙台でしか味わえない歴史と伝統の味。」にこだわり、職人が炭火で焼く事はもちろん、仕込みも昔ながらの製法で熟成した「牛たん塩焼き」をご提供いたしております。 酒の肴には、牛たんのつくねやソーセージ、また生ネタの笹かまぼこ焼きやお刺身など、そして宮城の地酒を色々とり揃えております。

仙台駅の目の前に位置する本店と新幹線改札口横の一角にある牛たん通り店をはじめとした宮城県内6店舗にて、遠来のお客様、地元のお客様をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
また、お土産品は仙台駅2Fのおみやげ処と北仙台駅近くの直売店、そして各店でもお買い求め頂けます。どうぞご利用下さいませ。

たんや善治郎 代表 大場 善次

品質へのこだわり quality

品質へのこだわり

牛たんは本来ホルモン(放る物)と同じく牛の内臓肉に分類されます。
今では全国に知れ渡る仙台名物に育て上げた仙台職人の味「牛たん塩焼き」。
当店ではその味を忠実に伝承する事を旨とし、手仕込みにこだわりました。

使用するのは、たん元と呼ばれるのど元からの3分の1の部分までです。残りは硬すぎたり脂ののりが悪かったりして、塩焼きには適しません。
仙台牛たんのお値段がちょっと張るのは、原料牛たんの歩留りが30%位ときわめて低くて、仕込みの段階で3倍くらいに跳ね上がってしまうからなのです。

当店では「部位の選別」・「切込み」・「塩ふり」・「漬け込み」・「熟成」を全て手作業で行っております。お土産の牛たんも、お店でご提供している物と全く同じ物を急速凍結して包装いたしております。
仙台牛たんは単にやわらかいだけではなく、サクサクした歯ごたえが命です。
そして、炭火で職人が香ばしく焼き上げて、お客様にご提供する事を大切な使命と考えております。

牛たんの原産地につきまして

弊社の牛たんは、主にオーストラリア、ニュージーランド産を使用しております。
どうぞご安心してお召し上がり下さい。

牛たんの原産地

会社概要 company

会社名 株式会社チソー食房
代表取締役 大場善次
本社住所

〒981-0913  宮城県仙台市青葉区昭和町3番36号 CSビル

5階/本社事務所
TEL:022-343-8851
FAX:022-272-0515

1~3階/北仙台セントラルキッチン
TEL:022-343-6821
FAX:022-727-0278

各店舗 各店舗詳細はこちらをご覧ください
創立 昭和61年8月
会社設立 平成元年10月
資本金 29,500,000円
社員数

正社員76名
契約社員42名
パート・アルバイト166名

取引銀行 仙台銀行/三菱東京UFJ銀行

ページ上部へ